マスクをかける女性とカップ

インフルエンザに感染すると熱が出て、風邪の症状がひどくなります。
また、インフルエンザの場合は、他の人に感染しやすいので、仕事や学校を休む必要が出てきますので、感染しないように注意する必要があります。
インフルエンザウイルスに感染しないようにするための方法として、効果的なのは予防接種をするという方法です。
この予防接種では、インフルエンザ菌をわずかですが、体内に入れることによって、ウイルスに対する免疫機能を高めるということを目的として行われます。
では、実際にどのくらいの予防ができるのかというと、確率としては60パーセントから70パーセントくらいであるといわれています。
このように100パーセント予防できるわけではありませんから、予防接種を受ければ安心というわけではありません。
しかし、たとえインフルエンザに感染したとしても、予防接種を受けていれば、症状が重症化しにくいといわれていますから、なるべく予防接種は受けておいた方がよいということになります。
気になるのは、予防接種の効力がどの程度まで続くのかということになりますが、効果の持続時間としては、一般的に5か月程度考えられています。
インフルエンザは毎年12月ごろに始まり、1月から3月にかけてピークを迎えることになるので、逆算して考えると、12月までには予防接種を受けておいた方がよいということになります。
また、インフルエンザの予防接種をしてから、すぐに効果が現れるようになるわけではなく、予防接種をしてから、1週間から2週間くらいにかけて抗体がつくられ、そこから効果を発揮するようになります。
ですから、場合によっては、予防接種をしても間に合わずにインフルエンザに感染してしまうということもあります。

記事一覧

インフルエンザは冬の時期になると至る所で感染が起こってしまい、社会的な問題として取り上げられることも...

インフルエンザの流行は乾燥した冬の時期になると毎年起こるものです。 これは季節性インフルエンザと呼ば...

インフルエンザ治療に用いられる薬は長い間有効性が高いものがありませんでした。 しかし、ノイラミニダー...

インフルエンザ治療薬は複数ありそれぞれ成分が違いますが、作用機序は似たものが多く、インフルエンザウイ...

インフルエンザの原因は、インフルエンザウイルスに感染する事で発症するウイルス性の感染症であり、感染後...