• ホーム
  • インフルエンザのニュースでお風呂のことを話題にした

インフルエンザのニュースでお風呂のことを話題にした

インフルエンザは12月から2月にかけて流行します。
インフルエンザはいろいろな型がありますので、その型にあったワクチンを接種しておけば、かかりませんし、かかっても症状が軽くてすみます。
インフルエンザ流行の兆しが見えてくると、ニュースで報道されたりして、万全の体制を整えます。
インフルエンザについていろいろな見方でニュース報道さrていると、外から帰ってきたら手洗いやうがいをしなければならない、と思います。
もしインフルエンザにかかったとき、はたしてお風呂に入っていいのでしょうか。
昔からお風呂に入るといけないといわれていますが、正解は入ってもいいのです。
ただし、お風呂からあがったらすぐに着替えて寝ることです。
無理してお風呂にはいる必要はないです。
お風呂に入るといけない、といった科学的根拠はなにもないです。
とにかく水分補給に努めながらゆっくり休むことです。
インフルエンザは感染力が強いので隔離していたほうがいいです。
またニュースではインフルエンザワクチンの値段や効果についても報道されます。
ただしニュースを鵜呑みにとってしまうと誤解をいろいろ招いたりしますので、自分でしっかり調べてから理解や認識をする必要があります。
インフルエンザにかかった場合、特にお年寄りは肺炎で亡くなるかたが少なくないです。
このように甘くみていると、しっぺがえしをくらいました。
風邪でもインフルでも未然に防ぐことが大切です。
もしかかったときには、5日間学校や仕事を休むことになります。
他の人に感染しないようにするためです。
他人にも移してしまうと、いう認識のもとで自分自身の体調管や健康管理をしっかり記録しておいたほうがいいです。